2017年10月17日火曜日

俳句E54

石版の 横の楓も いつの日か

球団メモ(11/15):CS銀世界編

甲子園のレフトフェアゾーンぎりぎりへ放り込んだ乙坂智。ポール星人なのではないかと思う。

梶谷、桑原、筒香。まだまだ伸びしろありそうだが、失速もありそう。何も言ってないにひとしいが。(レギュラー陣)野手チーム1のベテランが、ロペスですよ奥さん。誰ぞ導いてくれ、と願っていることでありましょう。
宮崎は技術しっかりで見応えある。まあまあの年令だが。落合が習得したという、フェードしてポールの内に入れる技術を習得したら。スライスはなかったんでしたっけ。
戸柱、倉本の固定組が今後どうなるか。

阪神は大和の面構えがいい。福留は画太郎漫画顔。糸井はジョジョの世界の住人。
両チームを見て、世代のバランス調整、容易ではないな、と思う。

俳句E53

雨冷えの 中差し向かい 暖を取る

2017年10月15日日曜日

球団メモ(10/15):CS青嵐編

アンカツは北海道出身だと勘違いしていた。
藤田は北海道で違いないか。
美浦の騎手が気になりざっと検索。岡部幸雄が群馬、柴田政人が青森、善臣も青森。一族の博之は滋賀、父が栗東へ所属したからだろうか。笠松、園田、けっきょく行ってみないとよくわからないだろう。
柴田姓は俊足巧打系の外野手が多い。左打ちも多い。

サウジアラビアロイヤルS、前身のいちょうS(ステークス)の方が名前はよかった。
もみじステークスもそのうち名前が変わるかもしれない。いちょうやもみじでは、スポンサーがつきづらい。グルート(第一期)クラスじゃないと。
レース名といえばガッツ星人杯。川崎には怪獣酒場というのがあるらしい。
ひとによっては嫌う企画なんだろうか。登場回のBGMをレース前に使っていたのは秀逸に思えた。

ライオンズもCSに限っては、菊池依存度の大きいチーム。
あと出しじゃんけんだが。ホークスを牛耳るようだと、さらに化ける可能性も。
というか、元があれだけの球を放ってるのに、出てくるのが遅いというか。
我らが江本孟紀に便乗するワケではないが、もそっと投げ込み多くしてもいいのではないか。他人事ではあるが、梶谷なんかを見てても、勿体なく感じる。
コージィ版の谷口を連れてきますか。丞相。

秋華賞は目移りする。ひいき込みで和田のラビットラン→同枠アエロリット→武豊のリスグラシューまで。JRAホームページからの窓検索で、アエロリット=隕石(仏)、リスグラシュー=優雅な百合(仏)につき当たる。カジュアルなタイプの乗り替わりが目立つメイショウオワラ、松若の躍進と隔走を願って、うすーく。

たとえば山川が大覚醒する場面をセのファンが目撃し、こりゃなんだみたいな場面が発生するなら、CSは2位3位リーグをミックスして、優勝チームとの対戦権争奪をしたらいいと思う。普段対戦しないというのは見てておもしろい。ボロクソにいわれてるが、工夫すれば登竜門的な位置づけの何かの端緒となるかも。

2017年10月14日土曜日

球団メモ(9/15): 駆け足ピックアップ編

横浜、西武、阪神、楽天が残っている。筈。

もはやCSの前はムリなので、事後に名鑑など繰りながらちまちま書きたい。

ということで、ピックアップで各チームの選手を。

楽天はオコエ。いかにも天狗になってやらかしそうな感じもあるが、まず一年、大活躍を見てみたい。梨田監督継続なら、下にまた暫く漬けられることもあり得るし、それでいいと思う。
茂木は二年目にしてかなりの選手だが、通年計算しづらいこと、肩が強くないことをみてショートからコンバートが妥当ではないか。するとショートを埋めるのが藤田か三好、あとは吉持あたり。併用も吉か。西田は外野にも挑戦したらいいと思う。