2018年7月16日月曜日

煙か土か食い物03 /Note about "Kemuri ka Tsuchi ka Kuimono" ("Smoke, Soil or Sacrifices")

The image of each families is a negative in this word story. And they are ruled by strong arms.

2018年7月15日日曜日

煙か土か食い物02 /Note about "Kemuri ka Tsuchi ka Kuimono" ("Smoke, Soil or Sacrifices")

I said to Saburo, "Let's get away from home together, bub, when we grow mature a little more than this." I meant it, but he laughed like crazy. "Where can you run away, bakehead? Tell me how you escape from our tribe." (Library ver. pp.156) 
 

煙か土か食い物01 /Note about "Kemuri ka Tsuchi ka Kuimono" ("Smoke, Soil or Sacrifices")

1. To Make Peace with one's Parents
1-1. A Question of the Family

First, It can be said that "Kemuri ka Tsuchi ka Kuimono" ("Smoke, Soil or Sacrifices" in English) by Otaro Maijoh is a story of, or around a family.
Shiro, a main character of this novel, is/was suffering the curse of his tribe.

茂木

 楽天の茂木、将来的には是非セカンドで見てみたい。適正は(より)そっちにある気がする。
 いわずもがなだろうけどショートが埋まるとチームは安定する訳で。現在首位のライオンズはもちろん、中日もロッテもショートが固定できない期間は苦しかった。ようにみえる。

 しかし数年前は肩の強いとはいえない阿部がショートのバックアップをやったり、後藤が抜擢されて埋めたりしていたので、状況はよくなっている。
 まだ歴史の浅い球団なので、自前の選手でポジションが揃って行くのは本当に楽しみであり得がたい何かなのでしょう。

 セカンドにいい選手が揃う流れが出てきて、次はぼちぼちショートにも脚光があたるような気もする。(昔はサードが花形だったと聞く。)

翻訳:『煙か土か食い物』小文:Note about "Kemuri ka Tsuchi ka Kuimono"("Smoke, Soil or Sacrifices")

翻訳練習として、舞城王太郎『煙か土か食い物』について昔書いたみじかい文章に手を加えながら、訳していく。

散逸していいので、エントリを分割する。
その間に、別のものを見繕う。


関係ないが、カミュ『ペスト』についてあらすじ位を作ってもいいかな、と思う。